FC2ブログ

宇宙は次元の数が増えているだけなのかも(修正版

休止するという記事を書いての、次の日の今日なのですが;;;
一応、、まとめを書いてしまったので、アップしてしまいます!!

また、修正したくなるかもしれけど、、それはそれで、その時に、
考えます~、、orz


さらに(3)、考えを深めた補足文>----------------------------


何も無い、ビッグバン以前の空間すら無い所に、0次元空間が成り出た。
体積すら無い、点の空間が出現したのだ。

この0次元空間で時間が作られた。
そして膨大な時の流れの中で、、素粒子の元となったモノが現れる、

それは、粒子と反粒子の対(つい)で成り出た。
何度もそれは出現したのだろう、、しかし、粒子と反粒子は打ち消しあい、
生まれと消滅を繰り返していたのだろう。


そこに1次元空間が成り出た。
太さの無い、無限に伸びる直線の空間が出現したのだ。

そこに、素粒子の元となったモノの粒子と反粒子の対(つい)で成り出た。
その二つはお互いの逆方向に飛び散ったのだ。

太さの無い次元のため、後戻りは絶対に出来ない。
無限の果てに飛んで行った。


そこに2次元空間が成り出た。
厚さの無い、平面の空間が出現したのだ。
1次元空間での出来事は、すべての時間が保存されているため、
そのモノは、ひも形状になっていた。

線から面へと、新たに動けるようになったのである。
それは、面積が無い世界が、一瞬!にして、無限に広がる面へと変貌したのだ。
伸び縮みしない、直線なひもが複雑な波への形状に成ったのだ。
という事は、波形状へと寄り集まったという事になる。

結果的に、1点に集まる事になった。しかし、
とはいえ、厚みの無い平面次元であるため、そのひも形状のモノは、
交差する事が出来ずに、よじれる事無く、波の運動をはじめたのである。

1点に集まる際に、それ近い、そのひも形状のモノは、波の周期は短くなり。
点に遠いければ、波の周期は長くなった。

しかし、1点に集まるという事は、、反対方向に飛んだ、反粒子と
接触する事に、なったはずだ。

とはいえ、一度は無限に伸びた、ひも形状のモノだ。


そこに3次元空間が成り出た。
自由に動ける、立体の空間が出現したのだ。

ひも形状のモノは、2次元空間の完成状態の時間が保存されているため、
特異点とも思える、小さに集まって、その中で波運動が起こっており、
その動きの時間が重なり、物凄い速さの究極的な波運動の様な形状に成っていた。

それがある空間が、一瞬にして、面の厚みが無限の厚みになり、
無限の自由空間へと、変貌したのだ。

それは、爆発という現象になった!

ひも形状のモノは、爆発の激しさから、ある程度の長さに、
バラバラに千切れた。


そこに4次元空間が成り出た。
それは、やはり今までの時間軸とは、まったく違う時間軸の誕生である。

この流れはさらに、多次元へと移行しているのであろう、、

「時間軸に違う方向の時間軸が出来る」という事は、言い換えれば、
 木の枝のように、「枝分かれする様な、出来事」ある。
 その枝分かれが一度に幾つに分かれるかは、謎であるが、、、

それにより、多様性も現れた!、多く性質の違う素粒子が誕生した。

それは何故か、生命誕生へと繋がるモノは、
物質化を含む、認識できるモノとなったのだろう。
(多くの、それになれなかったモノも宇宙にだだよっているのだろう。)


そんな、流れで、宇宙は誕生したのでは無いだろうか。

そして我々も、時間軸の枝分かれの末の1つに住んでいるのでは(^0^/


少し話を戻すと、反粒子はどうなったかって(^^;
存在しますよ~!、そうでないと、粒子も消えてしまいますから~、、

爆発の際に半球面が反粒子だったって事になりますね、、

てっ事は、宇宙の定義によって変わりますが;、、
私たちが認識している宇宙の始まりのビックバーンは、意外と、
宇宙の端っこにあるかもしれませんね~//

反粒子は、反対方向に飛び散っているのだから、、
宇宙が収縮しないかぎりは、出会う事は無いと思いますよ(^^。


過去に、戻れるわけではないが、多次元が生まれているだけなので、
いつ、宇宙が誕生したという事では無く、次元の少ない世界?へと、
たどる事さえできれば、0次元である宇宙が無かった世界が存在している。
という事になるかと。

様々な偶然のすえ、こんな流れで、今の宇宙が作られたのかな?
と、思ったので、書き留めます。



/ビッグバンの疑問/
素粒子も何も無い空間は、宇宙の中にも存在するのに、ビッグバンしない^^?
いや、それは何も無い空間では無くって、空間も時間も存在しない。
特殊な何もない世界なんだよ。、、、そうなんだ!
その世界は、宇宙の外にはまだあるって事だよね。
だったら、宇宙の端っこって、ビッグバンを起こす切っ掛けの宝庫じゃないか!

宇宙の晴れわたりは、中だけなのかな~、、

てっ事は、宇宙の存在限界が来ても、それは中心近くだけであって、
宇宙は、ゴムボールのゴムの部分の形で残り続けるのかな~なんて思ったりもする。



もしかしたら、まだ、追記するかもしれませんが、

とはいっても、書いている、ここの管理者は、
天文や物理や数学、、、に、詳しいわけでも無いし、賢いわけでも無い、
ただ、思いついたら、書いているだけの、ペラッペラの野郎です(^^;;;
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ksato(草堵)

著者:ksato(草堵)
名は、とりあえず
ローマ字表記がメイン;

2D、3Dの創作系の
イラストを作成しています。

pixivに投稿したイラスト
カテゴリ

●Gallery
●お絵かき掲示板

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR