小説「ローラー」0話

また、小説のような物を書こうと思ったりしてます。
昔より、圧倒的に書く時間も無くなっているのに;;、ね~。

--------------------------------------------------------------


小説「ローラー」0話
//これを、元にして話が作れたらな~と、思ったリしてます!、
  また飽きて、終わってしまうかもね;;;;、、

作者:ksato
2018/06/28


(有野:本当は「ありの」と、読むはずだが;、話に登場する
  有野家では「ゆうのう」と読め!と、二世代(三世代)に渡って、
  言い続けるなど、、天才科学者として代をなした家系ではあるが、、
  じゃっかん、変り者家族かも。)

(有野 優: ありのゆたか 12才の天才児)

(有野 普: ありのひろし 80才で死亡した、人間の思考を数値化する事を現実化
  有名な博士)

(有野 空: ありのうつほ 有野 普の子であり、有野 優の父親である。
  ロボット技師であり、父の発明したコンピューターを搭載し擬人化ロボットを
  世に広めるまで尽力し、巨大企業をまとめあげている。しかし、家族からは
  縁を切られている)

(ミエ: 天才児の有野 優が作る。女性型 擬人化ロボット)


--------------------------------------------------------------
コンピューターは大きな世代交代を行い、
技術発展は更に加速し、流通の自動化も進んだ。
ロボットでの擬人化は人と見間違るレベルに達し、
一般の人にも手の届く存在になった頃の話である。

すると、そのロボットの登場により、
工業ロボット等の他分野のロボットにも変化がもたらされた。

車の自動運転車も作られたが、、急激な技術発展だった為に、
次々と代わる機種変更に戸惑い、、その解決策として、
高価な価格帯であったが、バージョンアップを保証された
運転が出来る人型ロボットが広まった。

それは、人の心の安定をももたらしたのかもしれない。
ロボットによる交通事故が起きた際には、
あくまで精神的な捉え方ではあるが、、そのロボットの罪のように
処理がされたのである。そう思えるほどのロボットの擬人化レベルに達していた。
--------------------------------------------------------------


ド田舎の元工場の廃墟に見える広い敷地の中の部屋でテレビの音が響いている。

貴:「ニュースで遣っているよ~、おじいちゃんの5周年追悼番組~」

スピーカーから、
 「そうか、そうか、わしの番組がやっているか~!、
 ワシもまだ、廃れて無いの~!」

貴:「何言ってんだよ。ヒロシ2は、おじいちゃんであって、
   おじいちゃんで無いんだよ~、判っているの?」

ヒロシ2:「あのくそ生意気のウツホの奴!、今、思い出しても腹が立つ!
      目を閉じるだけで、ありありと思い出すぞ!」

貴:「ヒロシ2には、まぶたなんて無いでしょう~、つくづく
    とんでも無いマシーンだよ!、
    未だにマシーンの思考で、新しい理論を完成させている事が
    世間に知られたら、、とんでもない大騒ぎになるよ~、、
    軍事研究に真っ先に使わるかもしれないし、、
    そんな事が元で、僕まで行方不明者の扱いになっちまったじゃないか!」

ヒロシ2:「何言ってんだ!、ほとんど損は感じて無いんじゃないのか?!
      一般教養に時間を割かれずに、自分の好きな研究ばかりが出来て
      いるじゃないか!」

貴:「そういう事を言っているじゃなくって;!、同学年とのふれあいというか;、
    ゴニョニョ」

ヒロシ2:「と言いながら、手を動かして、今の最高傑作の彼女が、
      もうじきに、目を覚ますところまで、出来上がって、
      いるじゃないか~!」

 貴の目の前には、目を閉じて眠っているような、擬人化ロボットの
  ミエの姿があった。

--------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ksato(草堵)

著者:ksato(草堵)
名は、とりあえず
ローマ字表記がメイン;

2D、3Dの創作系の
イラストを作成しています。

pixivに投稿したイラスト
カテゴリ

●Gallery
●お絵かき掲示板

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR