FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「二つの人形」第2話

前回の記事に引き続き、、
小説「二つの人形」第2話を、書いてみました^_^;

(第1話は、ほんのちょこっと修正したので、確認してください;;)
<「二つの人形」第1話>←クリックするとページに飛びます

--------------------------------------------------------------------------
(2014/12/13)追記;; 補足として、、
今まで、登場した人形(フィギュア)は、女性型です。
雄一(悪)の心が取り憑いた、小さい(ストラップ用フィギュア)は、
例外としても<獣系)、、

雄一(善)は、外見は強い方向のロボ娘系だと考えては居ますが、
後ほど、補足されていくかもしれませんが、、
文章という事もあり、思い思いのイメージで読み進めてやってください~、
--------------------------------------------------------------------------

とりあえず、今までの登場人物をまとめてみる。

○雄一(ゆういち):

 中学二年生で、体格は普通。
 
 1話の件で、弓の心の人形に体を乗っ取られ、
 心は二つの人形に別れ、便宜的に雄一(悪)、雄一(善)として、
 2話が語られる。


○弓(ゆみ):

 雄一の彼女、、雄一とのつきあいは告白で始まったのではなく、
 幼友達の三人組の一人の和美が、一方的に恋人同士にしたて上げたのが始まり。
 とはいえ、好き同士というは確かだが、お互い幼友達の枠から抜け出ていない。
 雄一の事を「雄ちゃん」と呼ぶ。
 性格は優しく大人しい。体格は雄一より少し低めで、胸の成長は遅いようだ、、
 
 雄一が最初に見た人形の姿は、弓の(善)のほうの心で
 はあるが、謎として別人格も乗り移っていたようだ。
 弓の(悪)は、まだ語られていないが、、生きているとしている。


○和美(かずみ):

 雄一と同級生で、身長は高めで、胸は有るほう、、
 見た目の印象としては、姉貴的な感じで、性格は勝気だが優しい、
 
 幼友達の弓の事を「弓ちゃん」と呼び、いつも気遣っている。


○新聞部のメンバー:

 まだ?、体格が良い男が部員に居るとしか語られていない。


--------------------------------------------------------------------------
「二つの人形」第2話

小さな人形に、心を移された雄一のボディーに変化がおき始めた。

その変化は、もう一人の雄一(善)のボディーのほうが多く、
硬い樹脂で出来ている、間接の手足が切り離され、
動く形状になり、連結されていったのだ。

小さな人形である、雄一(悪)にも同等の変化があったようだが、、
間接に筋程度の切り込みが入った程度、、

雄一(悪)、
 「動けね~!!」
と、もがいていると、ふわりとボディーが空中に浮かび上がった。

そして、雄一(悪)が行きたい方向にゆっくりと進んだ、、
 「そうか、念じると浮かび上がったりするんだ!」
雄一(悪)は、かろうじて動く腕を上にかざした瞬間に、墜落した。
 「浮かんでいるのと、動作を変えるのとの同時は難しいな~」
その後も独り言をブツブツ言いながら、
雄一(悪)は、しばらく動く練習をつづけた、、

雄一(悪)は、
 「よし!」
と、気合をいれて、突然、短い足で床を蹴り飛ばして雄一(善)のボディーに
頭突きを入れた。

倒れる、雄一(善)。

 「本気で突っ込んだら、こんなもんじゃないぞ!」
と、ドヤ顔をする、雄一(悪)。そして雄一(善)に声をかけた。
 「それにしても、こんな有様じゃあ~お前に速攻で攻撃されていたら、
  危なかったぞ」

言い返す雄一(善)。
 「お前じゃねよ!、ぼくこそ雄一だ!!」

ハッ、とする、雄一(悪)。
 「ヤバっ」
雄一(悪)に、怒りが込み上げてきた。
しかしなんとか、行動は止められたがイライラする感情を感じた。

雄一(善)が、ポツリと話しだす。
 「なんでこんな事になったんだろうな~、、」
 「殺し合いだなんて、したくないよ。」
 
 「それに、弓の事も心配だよ、、」

雄一(悪)、
 「そうだな、、」

雄一(善)
 「とりあえず、紛らわしいから、、え~と、、ぼくの事は、
  雄二と呼んでくれていいよ。」

雄一(悪)
 「えっ?」

雄一(善)改め→雄二、
 「突然、いろいろな事が起こったんだ。
  少しでも、解消しておいたほうがいいと思ったんだよ」

 「まずはお互いの戦いをしない、平和協定を結ぼう。」
 「そして、どうするかだね。

雄一(悪)
 「いろいろ勝ってに決めるな!」
 「平和協定については、同感だ。それじゃ雄二と呼ぶぞ。」
 
 「さて、これからだな、、」

雄一の二人が部屋で話していると、外から、弓の母親の声が聞こえてきた。
 「雄一くん、もう帰るの?」

雄一の二人の人形は素早く、その話が聞こえてくる、
部屋のベランダからのぞき込んだ。

すると、どうやら弓の母親は、今まで買い物に出かけていたようだ。
家の前の通りに、なんと、雄一の体がいた!

会釈する、雄一の体。、、

それを見た雄一(悪)は、覚えた浮遊能力を生かして、雄一の体へと、
勢いよく突っ込んだ!
 「このやろ~!」

すると雄一の体は、ハエ叩きの要領で手を使い、雄一(悪)を、
地面に叩きつけた!その動きは強烈で、

雄一(悪)の心は、なんと!、空中へとほおり飛ばされた!
何が起きたか、直ぐには理解できない雄一(悪)、、

雄一の体は腰を曲げて、雄一(悪)の小さな人形を拾い上げて、
直ぐそばにあった、ゴミ用ポリバケツの上に置いた。

 「まだ、人形のカタチを保っているから、時期に元に戻れると思うよ」
と、言葉を残して雄一の体は立ち去ってしまった。

雄一(悪)は意識が薄れていった、、


--------------------------------------------------------------------------


2014/12/12
作者:ksato

<<<「二つの人形」第1話        「二つの人形」第3話>>>
スポンサーサイト
プロフィール

ksato(草堵)

著者:ksato(草堵)
名は、とりあえず
ローマ字表記がメイン;

2D、3Dの創作系の
イラストを作成しています。

pixivに投稿したイラスト
カテゴリ

●Gallery
●お絵かき掲示板

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。