スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説[ひまわりのナツ]2章005話本編S版

-「ひまわりのナツ」--(二章第5話(S版

これは、小説「ひまわりのナツ」の2章第5話(S版です。

S版の意味は、シンプル版の意味のS。
追加キャラクターを極力に抑えた、完成していないベーター版だったりします;
作者がアホなので、多人数キャラを扱えないという理由から作成する事になった
暫定版かな;

ページをスクロールするなり、
カテゴリー選択をするなりして、
「1章のまとめ」から、2章第1話、2話、3話、4話と順に読んで貰えると幸いです。


投稿日2012/08/08
(※あとがき文ですが、2012/08/11に訂正文の追加です;)
--------------------------------

スタローンが操る戦艦は、雲の中の嵐に飛び込む事となった。
猛烈な雨風で、激しく揺れる船!

それでも、翔太、美人メイド、ナツは、戦艦のブリッジに集合する事が出来た。

スタローンは声を張り上げる。
  「乗員、手すりや椅子に体を固定しろ!放電に巻き込まれるなよ!」

次々と現れる稲妻!目にはクッキリとした白と黒の世界に見えた。

スタローンも、しっかりと手すりに体を固定して、指示を続けた。
  「監視員!追っ手はどうだ!」
と、言おうとした瞬間に限界が来たらしく、スタローンは、
小さな可愛いハムスターの姿に変わってしまう^^

吹き飛ばされた、ちびスタローンは、
運よく翔太の手で捕まえられた。

次に、ナツがポツリと自分のしてきた事を話す。
  「たぶん、浮遊都市の耳を破壊して来たから、あまり追っ手はこないはずよ。」

船員の1人が
  「ならば、なんでこんな嵐の中を航行しなくてはならないんだ」

と、発言したのを切欠に、

皆、思い思いの発言を始め、統制がとれていない状況になり、
やなムードが起こり始めた中、

美人メイドが声を張り上げるように、しゃべり出した。
  「私は、アイスチールである!、本艦はこれより我が管轄下となる!」
  「監視員!追っ手の状況はどうだ!それと、無線による通信回線などは、
  ただちに切断し、再確認を急がせろ!」

その言葉に刺激され皆が奮い立つように、しばらく歓声が続いた。
美人メイド容姿は、白いヒョウである。
様々な伝説を残し、各部族からも信頼を得ていた豪腕な父をもち、
彼女もまた、姿は生まれながらの獣族の敵とされる人型であるが、、
お嬢様として育てられたせいか、昔から自由な行動を起こしていた事あり、
獣族からも、信頼を得ていたのである。

監視からの良い報告が入ると、

アイスチールは、船の進路について指示を始めた。
  「静かにして良く聞け、本艦は雷雲を面舵側に旋回し、
  敵の目をあざむくための、進路をとる。」

その進路変更により、浮遊戦艦は嵐から遠ざかり、
雷雲での航行は、あまり揺れない楽なものとなった。

この浮遊戦艦は、まさに船と同じような形状で空に浮かび、
全長は200メートル位はある。

そんな巨大船がチカラ強い安定感を取り戻し、安らぐなか

翔太は小声で手の平の中の、ちびスタローンに声を掛けた。
  「なんで、おまえがこんな船の艦長ヅラが出来ていたんだ?」

ちびスタローンは、いつもの大声で答えた。
  「そりゃ~;、このビデオをおかげよ。」

ちびスタローンは、翔太の拳をすり抜け、ビデオの在る場所に行き、
それを再生させ始めた
(そのは、翔太がナップザックに入れて持ち歩いていたムービーカムだ。)

「あっ、」
翔太も、「このやろう」と言う意味の声を張り上げた!
その事もあり、現艦長のアイスチールも含めて、皆の視線がビデオ画像に、
そそがれた。

そのモニター画像には、鎖に手足を拘束され、魔力を吸い出される装置に
座らされている、年老いた人型獣人のキツネが映っていた。

その映像を観ると、皆が一斉に「長老!!」と、愛しむ声を上げた/

その中でただ1人、アイスチールだけは「パパ!!」とその瞬間に、
あふれるばかりの涙を流しながら、手でクチを抑えた/

ちびスターローンは、その緊迫感のある空気のなかで
それとは、まったく反した、、かわいらしい姿で、
その小さな手で長い棒を持ち、モニターの画像指して、
  「この人に頼まれたのだ!」という内容の解説をした。

その話し中は獣人の皆が床に膝を下ろして敬意を示した。

それに反応して、えらそうに振舞うスタローン。

アイスチールは、そんなスタローンに、
  「彼は、まだ、生きらえてるのね」と、問うと、

スタローンは、
  「まだまだ、大丈夫そうだよ」と答えると、

アイスチールは、スタローンに「ありがとう」と一言を返すと
今まで、涙を浮かべていたのを一転して、
キリッとした瞳に変貌し、

航海師などの主要メンバーを集め、会議を始めた。


直ぐにどよめき起きた。
(その作戦とは?!)

--------------------------------
○そして物語の舞台は、浮遊都市へと戻る。

カイグウは、翔太から受けた傷もあり、
車椅子に座り、混乱した状況の統制をしていた。

  「浮遊戦艦については、それほど急ぐ必要は無い。
  浮いていれば起動音で追尾できる。
  積載燃料の量からすれば行動範囲は限られるしな。
  もし、エンジンを切っているのであれば、
  あれだけの巨大を隠す場所も限られるであろう。
  まず、あのエンジンを再起動する技術力は到底、考えられない。
  となれば、袋の中のねずみだ」

カイグウは部下にそう配下に語り、浮遊都市機能の回復を第一として、作業を急がせた。

これが、あの混乱時にカイグウが行った対処であり、適切であると思われた。


そして数日が経ち、捜索を始めたのだが、

しかし、その判断が間違いだったのか?

一月が過ぎても、浮遊戦艦(隼)を見つける事が出来ないでいた、
巨大な浮遊戦艦を隠せるような荒々しい崖や高地を様々な手段で、探し続けたのだが、
浮遊要塞ではそんな状況が続き、時ばかりをついやしていったのであった。
--------------------------------

○かたや、翔太達は、平地とも言える開けた地形にある、猫族の村に、、、


--------------------------------
あとがき、

久々に、続きのアップですね^^:
半分ぐらいは、ずいぶん前に書いていたのですが、
手のしびれもあり、キーボードタイピングが辛くなって、
中断していたり(言い訳;;)

いやはや、書いている本人が今までの内容が曖昧になっている気も^^;
今回の内容は、「二章第5話前補足」で予告した内容にも辿りつけてませんね;;

今回の話で、「アイスチールは、白ヒョウ(猫科)で、パパ?長老?
キツネ(犬科)?と、疑問に思った人が居るはず^^ヘ;

本来、小説としては謎として、進めた方がいいかもしれませんが;;
「なんだ、この矛盾は!」と言われるのが怖い、
気の弱~い作者だったりもするので、、;;

こっそり(というか、補足しないと話しの筋が判らなくなる;)という事で説明。

上記の矛盾要素は全て嘘では無く、その通りの真実!

この長老キツネは相当な年齢に関わらず、最強の魔法力をほこり、
地位、名誉、名声を手に入れ、恐れと信頼を持つスーパーマン。

その反面というか、その強大なチカラで、浮遊都市システムを
作った立役者でもあり、最大の被害者でも、、
なにしろ、浮遊都市のエネルギーの最大の供給者なのかも、、

それでも、皆が憎まないのは、この人の友愛精神で^^;;
多くの民を救い、伝説を残し、情熱的に行動したから、、
彼を狂わせてしまった一番の間違いは;;
幼い猫科の子を愛してしまった事!!その情熱に全てを注ぎ込で、
とてつもない努力をして、なんと!その壁やぶる快挙をなしとげた
(彼にとってはこのためだけだったのに)その捻じ曲げが
この話しの混沌の切欠という、なんとも変異ストーリー^^。

冷静に整理すると、とんでも無いエロジジィが世界を変えてしまったと
いう話しだったりる。

    (↓2012/08/11訂正文として追加;)
    -----------------
↑上記の発言が、作者の意図しない発言だと、後になって気が付きました;;
判りやすくするための文章のつもりだったのですが、、

「年齢差と種の違いを帰り見ずに、ただただ純愛に邁進したパワーが、
常識を覆してしまったストーリーだったりする」

に、変更します;(やっぱり文章は苦手だ~;)
    -----------------

わっ、本筋をぶちまけてしも~た;;
気が向いたら、ゆっくりと続きを書くつもりでいます^^;


--------------------------------
作者:ksato

<<Prev / NEXT>>
スポンサーサイト
プロフィール

ksato(草堵)

著者:ksato(草堵)
名は、とりあえず
ローマ字表記がメイン;

2D、3Dの創作系の
イラストを作成しています。

pixivに投稿したイラスト
カテゴリ

●Gallery
●お絵かき掲示板

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。