FC2ブログ

宇宙は次元の数が増えているだけなのかも(修正版

休止するという記事を書いての、次の日の今日なのですが;;;
一応、、まとめを書いてしまったので、アップしてしまいます!!

また、修正したくなるかもしれけど、、それはそれで、その時に、
考えます~、、orz


さらに(3)、考えを深めた補足文>----------------------------


何も無い、ビッグバン以前の空間すら無い所に、0次元空間が成り出た。
体積すら無い、点の空間が出現したのだ。

この0次元空間で時間が作られた。
そして膨大な時の流れの中で、、素粒子の元となったモノが現れる、

それは、粒子と反粒子の対(つい)で成り出た。
何度もそれは出現したのだろう、、しかし、粒子と反粒子は打ち消しあい、
生まれと消滅を繰り返していたのだろう。


そこに1次元空間が成り出た。
太さの無い、無限に伸びる直線の空間が出現したのだ。

そこに、素粒子の元となったモノの粒子と反粒子の対(つい)で成り出た。
その二つはお互いの逆方向に飛び散ったのだ。

太さの無い次元のため、後戻りは絶対に出来ない。
無限の果てに飛んで行った。


そこに2次元空間が成り出た。
厚さの無い、平面の空間が出現したのだ。
1次元空間での出来事は、すべての時間が保存されているため、
そのモノは、ひも形状になっていた。

線から面へと、新たに動けるようになったのである。
それは、面積が無い世界が、一瞬!にして、無限に広がる面へと変貌したのだ。
伸び縮みしない、直線なひもが複雑な波への形状に成ったのだ。
という事は、波形状へと寄り集まったという事になる。

結果的に、1点に集まる事になった。しかし、
とはいえ、厚みの無い平面次元であるため、そのひも形状のモノは、
交差する事が出来ずに、よじれる事無く、波の運動をはじめたのである。

1点に集まる際に、それ近い、そのひも形状のモノは、波の周期は短くなり。
点に遠いければ、波の周期は長くなった。

しかし、1点に集まるという事は、、反対方向に飛んだ、反粒子と
接触する事に、なったはずだ。

とはいえ、一度は無限に伸びた、ひも形状のモノだ。


そこに3次元空間が成り出た。
自由に動ける、立体の空間が出現したのだ。

ひも形状のモノは、2次元空間の完成状態の時間が保存されているため、
特異点とも思える、小さに集まって、その中で波運動が起こっており、
その動きの時間が重なり、物凄い速さの究極的な波運動の様な形状に成っていた。

それがある空間が、一瞬にして、面の厚みが無限の厚みになり、
無限の自由空間へと、変貌したのだ。

それは、爆発という現象になった!

ひも形状のモノは、爆発の激しさから、ある程度の長さに、
バラバラに千切れた。


そこに4次元空間が成り出た。
それは、やはり今までの時間軸とは、まったく違う時間軸の誕生である。

この流れはさらに、多次元へと移行しているのであろう、、

「時間軸に違う方向の時間軸が出来る」という事は、言い換えれば、
 木の枝のように、「枝分かれする様な、出来事」ある。
 その枝分かれが一度に幾つに分かれるかは、謎であるが、、、

それにより、多様性も現れた!、多く性質の違う素粒子が誕生した。

それは何故か、生命誕生へと繋がるモノは、
物質化を含む、認識できるモノとなったのだろう。
(多くの、それになれなかったモノも宇宙にだだよっているのだろう。)


そんな、流れで、宇宙は誕生したのでは無いだろうか。

そして我々も、時間軸の枝分かれの末の1つに住んでいるのでは(^0^/


少し話を戻すと、反粒子はどうなったかって(^^;
存在しますよ~!、そうでないと、粒子も消えてしまいますから~、、

爆発の際に半球面が反粒子だったって事になりますね、、

てっ事は、宇宙の定義によって変わりますが;、、
私たちが認識している宇宙の始まりのビックバーンは、意外と、
宇宙の端っこにあるかもしれませんね~//

反粒子は、反対方向に飛び散っているのだから、、
宇宙が収縮しないかぎりは、出会う事は無いと思いますよ(^^。


過去に、戻れるわけではないが、多次元が生まれているだけなので、
いつ、宇宙が誕生したという事では無く、次元の少ない世界?へと、
たどる事さえできれば、0次元である宇宙が無かった世界が存在している。
という事になるかと。

様々な偶然のすえ、こんな流れで、今の宇宙が作られたのかな?
と、思ったので、書き留めます。



/ビッグバンの疑問/
素粒子も何も無い空間は、宇宙の中にも存在するのに、ビッグバンしない^^?
いや、それは何も無い空間では無くって、空間も時間も存在しない。
特殊な何もない世界なんだよ。、、、そうなんだ!
その世界は、宇宙の外にはまだあるって事だよね。
だったら、宇宙の端っこって、ビッグバンを起こす切っ掛けの宝庫じゃないか!

宇宙の晴れわたりは、中だけなのかな~、、

てっ事は、宇宙の存在限界が来ても、それは中心近くだけであって、
宇宙は、ゴムボールのゴムの部分の形で残り続けるのかな~なんて思ったりもする。



もしかしたら、まだ、追記するかもしれませんが、

とはいっても、書いている、ここの管理者は、
天文や物理や数学、、、に、詳しいわけでも無いし、賢いわけでも無い、
ただ、思いついたら、書いているだけの、ペラッペラの野郎です(^^;;;
スポンサーサイト



宇宙の始まり持論、とりあえす休止かな^^;

前回の記事も、宇宙のはじまりについての持論を書いたのですが、、

書いてみると、やはりついつまが合わない、自分なりの間違いを感じる
ところが出てくるんですよね~、、追記、修正をアップしたりしたのですが;、
まだ、直したいところが^^;;;;

たとえば、
爆発をしたのは、4次元空間空間が成り出た後だろ!!!
とか;

こういうのの基礎的考えは、若い頃にはあったのですが、、とは言っても、、
  思い浮かんでも、発表するところもあるわけでも無いし、そもそも、
  そういうのするのは、苦手だし^^;;;
  まとめようとすると、、ごらんの通りに、文章力なかったりで、矛盾が
  出てくるよね~、、

そもそもが、こんなのを書く事になったのは、ここの記事に書いたとおりの、
ちょっとした切っ掛けなですが、、

書くたびに、「ついつまが合わない!、自分なりの間違いを感じる!」で、
気持ち悪いので、訂正文の追加の連続になって、
未だに書き続けているわけですが^^、

ついつまが合わないままですが、とりあえずは、休止かな。;

宇宙は次元の数が増えているだけなのかも

宇宙は次元の数が増えているだけなのかも
(本文は2019/9/18の記事ですが、、(2019/9/20の追記文があります。)
(2019/10/12の追記文も!あります。)
(2019/10/13の追記文も!あります。)
)

「宇宙はどのようにして生まれたのか」というような問に、

「【謎】宇宙はガチで無から創造したのですか?」
https://www.youtube.com/watch?v=oD9ZjW-CrE4

で、自分なりに考えて、コメントを入れたよ。と、
前回の記事に書き込んだのですが、

----------------------------------------------
その中の1つについての、補足が今回の記事になります。

〇始まりは0次元で、単に次元の数が増えているだけなのかも?;、
 今、存在しているのは何次元目なのか解らない~!、
 3次元の思考で観測すると色々と観測されるだけ、、
 というのはどうでしょうか^^;ヘ

他の書き込みも、これに関わってくるので、下記も記載します。

〇もし、4次元以上の空間に居るとすれば、1~4次元が1パックとなっていて、
 時間は素粒子の揺らぎとして観測されるのでは無いだろうか?、
 なんて考えた事がある。

〇火星表面が、岩がゴツゴツの地球にもあるような印象の所だったりのように、
 多次元世界も結構あっけない存在かもしれませんね~/とは言っても、
 あくまで達観して見ればですが^^。


ここからが補足文>----------------------------

次元の数が増えいく過程で、
4次元目では、時間が作られ、そして膨大な時が流れる事に。

その時の中、点が成りでて、線になって、揺らいで波になって、原子になっていく~。
という様な過程を、多次元を増していく毎に、構造が変化し複雑化してゆき。 
結果的に、こんにちに観測される宇宙が作られたのではないだろうか。


この工程を、3次元の思考で観測すると、ビッグバンという現象として、
表面化しているのではないだろうか。

粒子が成りでて、種類が増えて、原子が作られ、更に原子の種類が増えて
というような、捉えかたもできる。

ようするに、
過去に、戻れるわけではないが、多次元が生まれているだけなので、
いつ、宇宙が誕生したという事では無く、次元の少ない世界?へと、
たどる事さえできれば、0次元である宇宙が無かった世界が存在している。
という事になるかと。

(2019/9/20:9/18掲載の本文ですが、「ビックバーン→ビッグバン」に、
単語の修正をしました(^~^;;)




さらに考えを深めた補足文>(2019/9/20追記)----------------------------

何も無い、ビッグバン以前の空間すら無い所に、0次元空間が出現した。
独自の考えとしては、この0次元空間で時間が作られたと考えます。
そして膨大な時の流れの中で、
体積すら無い、素粒子の元となったモノが現れる、そしてそれは存在し続けた。
0次元空間は、体積の無い点の空間だ。全く動く事はできない。
そのモノは、動こうとしたのだろう?、、そこに膨大なエネルギーが溜まった。

そこに1次元空間空間が出現した。
太さなの無い、無限に伸びる直線の空間が出現したのだ。
そのモノは、その空間を物凄い勢いで動き回った。それもそのスピードは、
空間内すべてに同時に存在する事ができる速さである。
そして膨大な時の流れる。

そこに2次元空間空間が出現した。
そのモノは、ひも形状になっていた。その形状に固定されしまったが、
2次元空間空間である平面でも、動く事を辞めなかったのである。
その動きは、波として現れた。
無限に伸びるひも形状が、波の形に動き回っていたのである。
そして膨大な時の流れる。
エネルギーの限界が来たのだろうか?、それは一点に集まる事なった。

そこに3次元空間空間が出現した。
特異点とも思える、小さに集まっていた。ひも状のモノは、一転。
大爆発!、体積のある、物質が作られる事になって行く。

その後も、多次元へと受け継がれて行ったのだろう~。

 多次元は、1~4次元とかの、4つが1パックとなっていて、
 私たちが知る世界では、以前の次元の時間流れは、
 素粒子の揺らぎとして、観測されるのでは無いだろうか?
 と、考えます。

火星表面が、岩がゴツゴツの地球にもあるような印象の所だったりのように、
多次元世界も結構あっけない存在かもしれませんね~/とは言っても、
あくまで達観して見ればですが^^。

ようするに、
過去に、戻れるわけではないが、多次元が生まれているだけなので、
いつ、宇宙が誕生したという事では無く、次元の少ない世界?へと、
たどる事さえできれば、0次元である宇宙が無かった世界が存在している。
という事になるかと。

様々な偶然のすえ、こんな流れで、今の宇宙が作られたのかな?
と、思ったので、書き留めます。

ここまでが>(2019/9/20追記)----------------------------



さらに(2)、考えを深めた補足文>(2019/10/12追記)----------------------------
--------------
内容に入る前に、ちょっと^^;

反物質という言葉を耳にした、、??また、この記事の事を考え始める~/
ガーン、この要素をまったく考えに入れて無かった!、で、修正したのが、
↓の、記事(^^;、
--------------

何も無い、ビッグバン以前の空間すら無い所に、0次元空間が成り出た。
独自の考えとしては、この0次元空間で時間が作られたと考えます。
そして膨大な時の流れの中で、
体積すら無い、素粒子の元となったモノが現れる、
それは、粒子と反粒子の対(つい)で成り出た。
何度もそれは出現したのだろう、、しかし、粒子と反粒子は打ち消しあい、
生まれと消滅を繰り返していたのだろう。

そこに1次元空間空間が成り出た。
太さの無い、無限に伸びる直線の空間が出現したのだ。

そこに、素粒子の元となったモノの粒子と反粒子の対(つい)で成り出た。
その二つはお互いの逆方向に飛び散ったのだ。

太さの無い次元のため、後戻りは絶対に出来ない。
無限の果てに飛んで行った。

そこに2次元空間空間が成り出た。
1次元空間空間での出来事は、すべての時間が保存されているため、
そのモノは、ひも形状になっていた。

線から面へと、新たに動けるようになったのである。
その広がりの反動で、1点に集まる事になった。しかし、
とはいえ、厚みの無い平面次元であるため、そのひも形状のモノは、
交差する事が出来ずに、たごむ事無く、波の運動をはじめたのである。

1点に集まる際に、それ近い、そのひも形状のモノは、波の周期は短くなり。
点に遠いければ、波の周期は長くなった。

しかし、1点に集まるという事は、、反対方向に飛んだ、反粒子と
接触する事に、なったはずだ。

とはいえ、一度は無限に伸びた、ひも形状のモノだ。

そこに3次元空間空間が成り出た。
ひも形状のモノは、特異点とも思える、小さに集まっていた。
しかし正確にはひも状のモノは、完全に反粒子と打ち消しあう前に、

収縮から一転して、大爆発!、体積のある、物質が作られる事になって行く。

そして、4次元空間空間が成りでたのである。。
それは、やはり今までの時間軸とは、まったく違う時間軸の誕生である。


この流れはさらに、多次元へと移行しているのであろう、、

「次元空間空間が出来る」という事は、言い換えれば、
 木の枝のように、「枝分かれする様な、出来事」ある。
 その枝分かれが一度に幾つに分かれるかは、謎であるが、、、

しかし、これの面白い現象としては、同じ階層の次元数であれば、
同じ空間に、存在しうるという事である。

それにより、多様性も現れた!、性質の違う粒子の誕生である。


そんな、流れで、宇宙は誕生したのでは無いだろうか。

少し話を戻すと、反粒子はどうなったかって(^^;
存在しますよ~!、そうでないと、粒子も消えてしまいますから~、、

爆発の際に半球面が反粒子だったって事になりますね、、

てっ事は、宇宙の定義によって変わりますが;、、
私たちが認識している宇宙の始まりのビックバーンは、意外と、
宇宙の端っこにあるかもしれませんね~//

反粒子は、反対方向に飛び散っているのだから、、
宇宙が収縮しないかぎりは、出会う事は無いと思いますよ(^^。



(2019/10/13追記↓)----------------------------
後の多次元化は、時間軸の枝分かれなのかもしれませんね~、、
いろんな、素粒子が作られて、その中の物質化(認識化)が出来たモノだけ
しか確認できない。
たまたまなのか?生命が生まれる組み合わせが出来た時間軸に、
我々は住んで居るのでは(^_^、
(2019/10/13追記↑)----------------------------

過去に、戻れるわけではないが、多次元が生まれているだけなので、
いつ、宇宙が誕生したという事では無く、次元の少ない世界?へと、
たどる事さえできれば、0次元である宇宙が無かった世界が存在している。
という事になるかと。

様々な偶然のすえ、こんな流れで、今の宇宙が作られたのかな?
と、思ったので、書き留めます。

ここまでが>(2019/10/12追記)----------------------------


/ビッグバンの疑問/
素粒子も何も無い空間は、宇宙の中にも存在するのに、ビッグバンしない^^?
いや、それは何も無い空間では無くって、空間も時間も存在しない。
特殊な何もない世界なんだよ。、、、そうなんだ!
その世界は、宇宙の外にはまだあるって事だよね。
だったら、宇宙の端っこって、ビッグバンを起こす切っ掛けの宝庫じゃないか!

宇宙の晴れわたりは、中だけなのかな~、、

てっ事は、宇宙の存在限界が来ても、それは中心近くだけであって、
宇宙は、ゴムボールのゴムの部分の形で残り続けるのかな~なんて思ったりもする。



もしかしたら、まだ、追記するかもしれませんが、

とはいっても、書いている、ここの管理者は、
天文や物理や数学、、、に、詳しいわけでも無いし、賢いわけでも無い、
ただ、思いついたら、書いているだけの、ペラッペラの野郎です(^^;;;

つぶやき(2019/09/16)「皆さんは宇宙はどのようにして生まれたと思いますか?」

なんとなくyoutubeで見たムービー
https://www.youtube.com/watch?v=oD9ZjW-CrE4
「【謎】宇宙はガチで無から創造したのですか?」で、
今回の質問
「皆さんは宇宙はどのようにして生まれたと思いますか?」
というスレッドががあったので、考えて^^、
下記のコメントを書き込んでみました~/、


〇もし、4次元以上の空間に居るとすれば、1~4次元を1パックとなっていて、時間は素粒子の揺らぎとして観測されるのでは無いだろうか?、なんて考えた事がある。

 を、コメントしてみた。

〇宇宙二次元説に一票かも^^;

 を、コメントしてみた。


〇えーと、宇宙の始まりはビックバーンとして、一瞬の爆発の衝撃波みたなモノであれば、球の表面みたいな形になるんじゃないのかな~と、考えたりする^^;

 を、コメントしてみた。


〇最初は等速でも、ブラックホールとかが、かき混ぜる事は出来るかもしれませんね^^;

 を、コメントしてみた。


勢いで、書き込んだだけあって、なんだかなぁ~/


(※2019/09/17に下記を追記しました;)

〇始まりは0次元で、単に次元の数が増えているだけなのかも?;、今、存在しているのは何次元目なのか解らない~!、3次元の思考で観測すると色々と観測されるだけ、、というのはどうでしょうか^^;ヘ

[実は「連載デビュー作」だった大ヒット漫画ランキング]を見てビックリ(><。

最近に、素人のアイディアを否定されている方の文章をみて、
あまりに衝撃的だったので;;

チョコっと^^:調べてみた。
と言っても、↓のページだけだったり;;

(付け加えると;アインシュタインも含め、
  世界的大発見の基礎は、二十代前後、いや、
  二十代前には、という説も、、
  そんな話も、、(TVのドキメント番組で聞いたかと^^;)

当然!、長い年月をかけて検証されるモノの方が多いいはずですよね!!

とは言え、下記も事実なんですよね、、
下記を見て、改めて衝撃を受けている一人です^^;;;;

ーーーーーーーーーーーーーーーー
実は「連載デビュー作」だった大ヒット漫画ランキング
https://ranking.goo.ne.jp/column/5025/ranking/51062/

ONE PIECE
尾田栄一郎

進撃の巨人
諫山創

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
和月伸宏

こちら葛飾区亀有公園前派出所
秋本治

金田一少年の事件簿
さとうふみや

うる星やつら
高橋留美子

Dr.スランプ
鳥山明

鋼の錬金術師
荒川弘

キン肉マン
ゆでたまご

NARUTO -ナルト-
岸本斉史

キャプテン翼
高橋陽一

キャッツ・アイ
北条司

銀魂
空知英秋

黒子のバスケ
藤巻忠俊

ハチミツとクローバー
羽海野チカ

東京喰種トーキョーグール
石田スイ

キングダム
原泰久

行け!稲中卓球部
古谷実

ど根性ガエル
吉沢やすみ

まじっく快斗
青山剛昌

うしおととら
藤田和日郎

D.Gray-man
星野桂

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん
うすた京介

ウイングマン
桂正和

星の瞳のシルエット
柊あおい

シュート!
大島司

南国少年パプワくん
柴田亜美

今日から俺は!!
西森博之

世紀末リーダー伝たけし!
島袋光年

夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~
ヤスダスズヒト

BASTARD!! -暗黒の破壊神-
萩原一至

私立極道高校
宮下あきら

ホーリーランド
森恒二

BE FREE!
江川達也

ーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに、付け加えると、、(下記文を変更しました;;)
これも聞いた話ですが、、
もし、アインシュタインが日本で生まれていたら、
大学生にもなれなかったらしいです。

漫画って、解放された分野だからの結果かもしれませんね/
プロフィール

ksato(草堵)

著者:ksato(草堵)
名は、とりあえず
ローマ字表記がメイン;

2D、3Dの創作系の
イラストを作成しています。

pixivに投稿したイラスト
カテゴリ

●Gallery
●お絵かき掲示板

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR